Category Archives: 建物ネタはまとめてコチラ
ログハウスとは

ログハウスの特徴

海外のドラマなどを見ていると、時々出てくるのがログハウスです。
日本においても高山地域にある避暑地のペンションがログハウスで作られていることも多く、別荘などとして憧れる家というイメージがあります。

一方で、一般住宅としてログハウスが市街地に建築されるということはまずありません。
というのもログハウスは木材をそのまま柱や壁として使用するという特殊な工法によって作られていることから、メンテナンスがしにくく、近くに木材がない場所では維持費用がかなり高額になってしまうからです。

そもそもとしてログハウスという建築方法が、その地域の気候にあった方法であり、一般的な住宅工法ではないということがあります。
ログハウスを一般住宅として使用できるようにするには、丸太を積み上げたときにできる隙間などを別の建材で埋めるといった手間が必要になり、時間が経過することでメンテナンスの難しさも上がっていくでしょう。

ですので、どちらかと言えば永続的に住み続けるための住宅というよりも、定期的にメンテナンスをしながら短期間使用するために使う住宅という位置づけにしておくのが一般的です。

ログハウスの作り方はそれほど難しくなく、建材さえ揃えることができれば可能です。
中にはセルフビルドで自作のログハウスを作られる人もいますので、どういった目的で使用するかにより作り方を考えていくとよいでしょう。

DIYで建築可能な「ログハウスキット」というものも扱っている企業がありますので、そうしたところを利用するのも一つの方法です。

メリット、デメリット

ログハウスというと丸のままの木材を積み上げるという印象もありますが、実際には組み立てがしやすいように切断されている木材を使うのが一般的です。

作り方として共通しているのが、木材を下から順番に積み上げるようにしていって壁を作り、そこに屋根を乗せるという手順です。
きちんと木材を接着させていけば気密性の高い住宅にすることも可能なので、自分の家を作りたいという人には向いていると言えるでしょう。

ですが、やはり木材を積み上げて作るという性質上、地震などの横揺れに弱く耐久性に乏しいという特徴があります。
木材は時間の経過とともに大きさが変化するという特徴があることから、定期的に木材を入れ替えるなど細かいメンテナンスが必要です。

丈夫で長持ちするログハウスを作るために最も重要なのが基礎部分で、しっかりコンクリートで固めておかないと、気候の変化により家が傾いたり漏水したりといったことが起こってしまうでしょう。

自宅の庭に作れる小型のログハウスもあるので、個人用の居室が欲しい人は趣味で作ってみるのもよいかもしれません。

プレハブ工法とは

プレハブ工法の特徴

よく「プレハブ住宅」といった言葉を使いますが、この「プレハブ」というのは建築工法の一つのことです。
プレハブ工法とは、あらかじめ工場などで建築に必要な部材を生産してそれを現場に持ち込み、そこで組み立てをすることで作るという方法のことを言います。

私達が普段最も多く目にしているのが鉄鋼材や部分的に木材を使用する「ユニット型」のプレハブ住宅でしょう。
主に工事現場やイベント会場など、一時的に居室環境が必要になる場所で使われています。

工事現場などで一時的に住まいとして利用する時のイメージが強いこともあって、「プレハブ=一時使用をする簡易住宅」と思われていたりしますが、実はこのプレハブ住宅にもさまざまな種類があるのです。

まずプレハブ住宅の種類としては「木質系」「鉄鋼系」「ユニット系」「コンクリート系」といったものがあります。
これはプレハブとして工場で製造される主な建材がどういった種類のものであるかによって区別されますが、その材質や組み立て方により、耐久性や居室環境は大きく変化をします。

工事現場や住宅用倉庫で見かけるユニット型のプレハブは華奢な作りをしていることが多いですが、コンクリートを用いたものなどはかなりの強度となり、一般住宅としても十分に使用が可能となっているのです。
一般住宅向けに「プレハブ工法」という名称が使用されることもありますので、「プレハブ=華奢」というイメージは捨てた方がよいでしょう。

メリット、デメリット

プレハブ工法の最大のメリットは、施工者によって仕上がりに違いが出にくく、安定的に住宅を作ることができるということです。
いわば住宅をプラモデルのように組み立てていく方法になりますので、特定の工具があればそれほど技能や力を必要とせずに誰でも簡単に作ることができます。

工期についてもあらかじめ製造されて部品を現場に持ち込んでつくるだけなので、現場作業が非常に短く、あっという間に家の形になります。

災害時の仮設住宅にプレハブ住宅が用いられることが多いのもこのメリットを活かしたもので、不要になったときの撤去作業も通常の建物の解体に比べれば段違いに楽に済むのです。

ただし、全ての部品が工場で生産されることから、設計をして個別の住宅を作るという建築には向きません。
自分で理想に近い住宅を作りたいという人にとっては、あらかじめ決まった形で組み立てることしかできないプレハブ工法はちょっと物足りなく感じてしまうでしょう。

また、ユニット型のプレハブ住宅などは、一般住宅と比べて住宅としての強度がどうしても低くなってしまいます。
耐火性や耐久性もかなり劣ってしまいますので、数十年暮らす住宅というよりは、数ヶ月~数年くらいまでの仮住まいやセカンドハウスとして使用をするのが一般的です。

Previous Page · Next Page