Showing all posts by SLlan7uK
耐震住宅について

耐震住宅の特徴

東日本大震災を始めとし、全国各地で大きな地震が起こっていることから、住宅の耐震性に注目をする人が年々増加してきています。
特に関東の太平洋側の地域では、今後約30年の間に大規模な地震が起こる可能性が非常に高いということも予想されているため、できるだけそれに備えておきたいという意識もあるのでしょう。

「地震に強い家」として販売をしている住宅メーカーも多く見られているところですが、住宅における地震対策には大きく3つの種類があります。
「耐震住宅」「免震住宅」「制震住宅」の3つで、これらはそれぞれ異なるアプローチで大きな揺れに対応できるようにしています。
このうち「耐震住宅」は最も基本的な構造のことで、強い揺れが来ても簡単に壊れない住宅構造をするというところが特徴です。

「耐震」「免震」「制震」の3つは全く別のものではなく、建物の構造や建築する地域によって作り分けをしていくということになります。
一般住宅であればまず耐震性を重視して作られますが、大型ビルなどただ丈夫にすればそれでよいという訳ではない種類の建物では免震や制震に力が入れられています。

メリット・デメリット

古い木造家屋の場合、強い揺れが来てしまうとどうしても柱が歪み、まるでトランプのお城が崩れるかのようにグズグズと足元から落ちていくことになるでしょう。
そこで揺れが来ても簡単に傾きが起こらないようにするための方法として、ツーバイフォー工法を採用する方法があります。

ツーバイフォー工法はもともと北米地域で多く用いられてきた方法で、先に木材で面を作ってそれを組み合わせるという方法になので、柱だけで支える木造住宅よりもかなり頑丈なつくりです。
住宅メーカーなどで「地震に強い家」として売り出しているもののほとんどはこのツーバイフォー工法のことを言っており、あらかじめ設計された住宅が提案されます。

ツーバイフォー工法は近年人気の高まってきている住宅構造ですが、従来までの木造軸工法と比べて高価になりがちです。
また先に面を作ってから組み立てをすることから、自由に間取りを変更するということが難しく、決まった形の設計以外にしようとすると割高になってしまうというデメリットがあります。
ツーバイフォー住宅でもさらに耐震性のある工法が国内の住宅メーカーから開発されていますので、より丈夫な家を希望している人はそうしたものもよく調べておくとよいかもしれません。

ただし、住宅の耐震性は建物そのものよりも地盤の基礎部分が重要であることが多いものです。
耐震住宅を建築するという場合には、建物だけでなく基礎工事にも手抜きをすることなく、しっかりと作るようにしておくことをおすすめします。

エコライフ住宅について

エコライフ住宅の特徴

これから住宅建築を考えている人たちから、非常に高い支持を受けているのが「エコライフ住宅」です。

エコライフ住宅に注目が集まるようになったきっかけとしては、東日本大震災などの大きな災害が起こったことにより、停電などエネルギーを見直す機会ができたからです。
さらに地球温暖化などの環境問題が大きく伝えられるようになったことで、身近にできるエコが何かないかを考える人が増えてきました。

エコライフ住宅といってもいろいろな種類があるのですが、最も基本的なものとして「エネルギー消費が少ない住宅構造」ということがあります。
エコライフというと、太陽光発電など自宅でエネルギーを作り出すことの方が注目されていますが、実はこの「エネルギー消費をおさえる」ということだけでも十分に効果があるのです。

住宅の気密性を高めたり、逆に空気の流れを良くしたりすることにより、エアコンや暖房器具の使用を控えることができるので、年間を通してのエネルギー消費量=CO2発生量を抑えることができます。
省エネ住宅については国土交通省と経済産業省が省エネ基準を定めていることから、その基準を満たした住宅に「住宅省エネラベル」がつくことになるでしょう。

メリット・デメリット

エコライフ住宅の最大のメリットは毎月の光熱費を抑えることができ、それが地球環境保全活動に役立つということです。
どういった構造にすれば省エネ住宅になるかについては、既にかなり細かく基準が定められているので、新築もしくは中古で住宅購入を考えている時には住宅メーカーなどに相談をしてみるとよいでしょう。

一定の省エネ基準を満たした住宅の場合、補助金や減税といった優遇制度を受けることができます。
代表的なのが省エネ改修補助金(断熱リノベ)や地域型住宅グリーン化事業といったようなもので、それぞれ100万円以上の助成金を受け取ることも可能です。

デメリットとしては、そうしたエコライフ住宅は通常の住宅建築よりも購入費用が高くなってしまうことでしょう。
助成金などはあるものの、基本的には先に建築をしてから申請するという流れになっているので、最初の準備金が多めに必要になってしまいます。

入居がおすすめの人

エコライフ住宅は、利益目的というよりも住む人の意識で選ばれることが多いものです。
新しく住宅を作るならエコ住宅にしたいというふうに考える世帯も多くなってきており、やはり大きな自然災害の経験からエネルギーに対しての意識が高くなったということが分かります。

こうしたエコライフ住宅が増えていけば、自然と発電などエネルギーにかかる設備も小規模ですむようになりますので、災害に強い地域にしていくことが可能になるでしょう。

Next Page