木造軸組工法とは

木造軸組工法(在来工法)の特徴

木造軸組工法は別名在来工法とも言われている、日本の住宅建築で最も多く使用されている方法です。

日本は地理的に木材に恵まれてきたことから、住宅など家財道具を作るときにそれぞれの地域で採取できる材木を用いてきました。
木材住宅の建築方法にも「在来工法」と「ツーバイフォー工法」の二種類がありますが、このうち在来工法は日本国内で独自に採用されてきた方法となっています。

在来工法の特徴は、構造部材として柱、桁、梁といったものを先に組み、それを補強部材である筋交いや火打、力桁といったものをつけていく方法をしているということです。
木造住宅の建築現場を通りかかったときに見てみると、まず最初に土台となる基礎部分を作ったあと、そこに骨組みのように柱や屋根の部材を組み込んでいます。
すべての柱が組み上がったところで壁や床といった部材をつけていく形になっているので、どういった仕組みで住宅が作られているのかがわかりやすいという特徴があるのです。

ただ、一見同じように見える在来工法も年々建築技術が進化しており、より耐震性や免震性に優れた方法が導入されるようになっています。

大きな地震災害が起こったあとの様子で木造住宅が斜めに倒れているところが映し出されますが、これは古い在来工法によって作られた住宅によく見られるものです。

メリット、デメリット

木造軸組工法は、もともとは「大工さん」と言われる木材の職人さんが手作業で木材を組み上げて住宅を作るということを前提にして考え出された方法です。

今も古い寺院などで、釘を一本も使わず木材の性質だけを使って作られた建物など非常に技術の高いものがありますが、現在ではそうした伝統技術はまず一般住宅には使われません。
しかし木造軸組工法で住宅を作る場合、その施工者によって完成度がかなり変化するということはよくありますので、依頼をする時には信頼できる業者であるかの確認が必要になります。
もっとも、現在では最も難易度の高い木材同士の組み合わせ作業を平均化するために「工場加工(プレカット)」という方法が取られているので、以前ほど極端に施工者により出来上がりが異なるというわけではありません。

木造軸組工法は工事ができる業者が多いことや、古くから工法が確立していることから、比較的安価に建築できることがメリットです。
しかし一方で、建物の基幹部分をもとに組み上げる工法であることから、リフォームのときの間取りの変更が難しいことが出てきます。

複雑な間取りの住宅には対応できないということもあるので、利用できるのは低層階の一般向け住宅が中心になってきます。
地震対策も重要になることから、基礎部分はしっかり作ってもらうようにしましょう。

アントニ・ガウディ

アントニ・ガウディ・・・精神的な困難期を乗り越えた先に見得たサグラダ・ファミリア

天才といえばこの人ほど、その名を世間に知られている人はいないのではないか、この人の設計した建築が、「今もなお」継続されているという事実も世界中で多くの方が知っていることです。
アントニ・ガウディの卒業設計をみたビリャール教授は「悪魔か、天才か」とつぶやいたということでも有名ですが、彼の設計は彼にしかできないものであり、まさしく神か悪魔が与えた才能だったのではないかと感じるほど迫力をもって現在に至るのです。

カタルーニャ地方、タラゴナというところで生まれたアントニ・ガウディの父は銅細工師、母も銅細工職人という家系に生まれています。
彼が空間を彼独自の目線で支配し把握するというその建築家としての能力は、ここから養われたのではないかとされています。

彼は6歳になるまでにリウマチかかり他の子どもと遊ぶということが難しかったといいます。
ただ、クリスマスの時に紙細工で風変わりな家を作っていたという逸話が残っていますので、この当時から何かを作るということに長けていたのではないかと想像されます。

また学校で鳥の翼は飛ぶためにあると先生からいわれると、鶏の翼は走るために機能していると示したという話も残っていて、当時からその構造や機能を見極める観察力があったといわれています。

アントニ・ガウディといえばサグラダ・ファミリア

バルセロナのシンボルといわれているサグラダ・ファミリアは、カトリック教会で未だ未完成の作品です。

1882年、当初はビリャールが設計したのですが辞任しその後をアントニ・ガウディが引き継ぐことになります。
つまり施工は1882年でアントニ・ガウディは1926年、事故で亡くなるまで少額の作品としてこのサグラダ・ファミリアに携わっていました。

仔細な設計図を残していないのですが、大型模型、紐、錘などを用いて構造を検討したといわれており、現在もその建築が進められています。
実際に竣工予定となっているのが2026年ということなので、2026年まで生きていることが出来れば144年もの歳月をかけて作った世紀の建築物をその目に見ることができるかもしれません。

ガウディがこのサグラダ・ファミリアの主任建築家となってから、その他の仕事を一切断り、この建築物に命を懸けてきました。
途中、彼はこの対策について精神的に困難な時期を迎え、自殺も考えていたというほどに彼を栗閉めましたが、危機を乗り越えると狂ったようにこの設計に没頭したといいます。

アントニ・ガウディという天才は自ら閉居し設計に没頭する日々を送り、1926年、バルセロナ市内で路面電車にはねられ、当時ダンディで有名だった彼があまりにもみすぼらしい格好をしていたため、彼とわからず病院に収容されるのがおそくなったといわれています。
結局6月の7日に事故にあい10日にお亡くなりになりましたが、彼の御遺体はサグラダ・ファミリア聖堂に埋葬されているといいます。

建築を志すものなら誰もがきっと完成をみたかっただろうと思われるサグラダ・ファミリア!2026年に完成するという事を聞くと、何とか一目、みたいと感じている方が多いでしょう。

Categories: 尊敬する建築家

Previous Page · Next Page