不動産屋に興味を持ったきっかけ

興味をもったきっかけは新聞のチラシ

よく聞かれるのが、「なぜ不動産に興味を持ったか」です。
確かに、不動産屋土地に興味がある人ってそう多くはいませんからね・・・。
「それってどんな趣味なの」といわれることも仕方ないなと思ったり・・・。
変わった趣味だねとよく言われます。

私が不動産や土地に興味を持ち抱したのは、簡単に言うと「新聞に入ってくるチラシ」がきっかけ。
新聞のチラシの中に、不動産を紹介するやつがあるじゃないですか。
あれを見るのがすごく好きだったんですよね。

大体土日に不動産屋のチラシが入ることが多かったので、私はそれを見ながら自然と「この物件はお買い得」「こっちはやめといたほうがいい」なんてことを考えはじめたのです。
地元だと、人気がある地域とかわかるじゃないですか。

あんまり治安がよくなくて、やめといたほうがいい土地なんかもわかるので、自分の頭の中にあるイメージと比較しながら、お買い得なところとそうじゃないところを分けたりしました。
はっきりいって、「嫌な子供だ」と親は思うでしょう。
まあ自分でも思いますがね。
だけど、そうやっていろいろ考えることが、楽しかったんですよね、すごく。

逆に、「この土地はお買い得じゃない?」と思っていたら、親に「いや、その土地はイマイチ」と言われることもあるんですよ。
理由を聞いてみて「そういう考え方もあるのか」と思ったり、いろいろ思うことはありますよね。

あと、もともと地理が好きだったというのもあります。
社会の時間に地図を見るのがやたら好きで(笑)、それが不動産屋の地図を見るのが好き、と言うことに繋がったかもしれません。

まあ、人から「変わった趣味だね」と言われることも多いですが、別に人様に文句を言われるような土地でもないので、「良いかな」という感じです。

悩みはこの楽しみを人と分かち合うことができないってこと(笑)。

変わった趣味ではあるけれど

不動産を見るのが趣味って、あんまりない趣味ですからねー。
友達に不動産屋のチラシを見せて、「これっていい土地じゃない?」と聞いてみたところで、相手にしてみれば「ハア?」くらいのもんじゃないですか。

そういう辛さはあるけど、大人になってからはさらに不動産に興味を持つことになっちゃって、「現在に至る」と言う感じでしょうか。

これが、私が不動産に興味を持つようになったきっかけです。
はっきりいって、今は立派なオタク(笑)。

自分でも嫌なやつだなあと思うのは、友達が家を買って自宅に招かれたりすると、心の中でこっそりと「あんまりいい土地じゃないな」「不動産的にはイマイチ」なんて批評しちゃうこと。

もちろん、そんなこと口には絶対出しませんよ~。
でも、思っちゃうんだからしょうがない。
意外に楽しい趣味ですよ、不動産。

About

Categories: その他