軍用地主とは

軍用地って何?

軍用地って聞いたことありますか?
私も、土地のことを調べるまで軍用地なんて言葉を聞いたことはありませんでした。
でも、調べてみたら「こんな土地が今まであったのか!」とびっくり。
早く知っていたら、私も投資したんだけどなー!なんて、ちょっと後悔してみたり。
これ、知らなきゃ損だなと思いましたよ。

軍用地というのは、その名のとおり「軍のための土地」です。
沖縄には自衛隊の基地や米軍基地がありますよね。
あの基地をおいている土地のことを「軍用地」と呼ぶそうです。
つまり、「軍用地主」というのは、軍用地を持っている人のことですね。

沖縄の米軍基地がある土地のことなんて、正直言って「誰の土地なんだろう」と考えたこともなかったのですが、調べてみたら、ちゃんと地主さんがいるんですね。
ここに詳しく書いてあります↓
参考:軍用地って何?

この軍用地主に、沖縄から支払われる借地料はなんと900億円!
もちろん、一人の人がこのお金を受け取るわけではありませんが、土地の使用量だけで毎年900億円が生まれるというのは凄い話です。
こう言うことから、軍用地は非常に人気があり、「買いたい!」と言う人が多いそうです。

軍用地がどうして人気か

軍用地がどうして人気なのかというと、「借地料が毎年上がる」からなのだとか。
↑で紹介しているサイトにもありますが、沖縄米軍基地の借地料はどんどん値上がりしていますので、この土地を購入することで、確実に儲かることがわかると思います。
そりゃー、みんなこの土地をほしがるよなーと思いますよ。

それに、軍用地なら毎年確実に収入が入ってくるわけで、それだけでも相当の資産価値があると思うんですよね。
アパート経営やマンション経営なんてもんじゃない。
建物はいずれ劣化するし、それに伴い収入だってどんどん減っていきますが、米軍基地はそう簡単になくなることがありませんので、安定収入が見込めるわけです。

こういう儲け方があるから、土地はすごく面白い。
勉強しがいがあるなといつも思っています。

でも、もっと早くに知っていれば、すごく得をてきたんじゃないかなーと思うことも・・・まあ、どっちにしても私には土地を買うお金なんてないんですけどね!

ちなみに、軍用地は固定資産税もすごく安いのだそうです。
絶対に値下がりはしないし、担保としては沖縄のどんな物件より強いし、まさに「無敵の土地」というのはこのことなんじゃないかな~と思います。

軍用地持ってる人、いいな~。

About