オスカー・ ニーマイヤ美術館

オスカー・ニーマイヤ美術館はブラジル、クリチバ市にあります。
クリチバ市 は、ブラジル南部に位置する都市で、パラナ州の州都です。

世界的な建築家

オスカー・ニーマイヤは世界的にも高く評価されている建築家の一人でブラジルを代表する建築家です。
彼の経歴は決して穏やかなものではなく、その左翼的思想が原因でブラジル政府から建築活動を禁止され、ほとんど亡命のような形で20年間もパリに住んでいました。
実際に、共産党に入党しています。

ブラジルに帰国してから、ブラジルの首都、ブラジリアの主だった政府機関の設計を担当し、ブラジリアの都市計画そのものに参画したといっても過言ではありません。
彼の流麗な曲線を多用した建築物がブラジリアの景観を作り上げており、この景観が高く評価され世界遺産にも登録されました。

104歳という長命であったせいもあるかもしれませんが一流建築家としての活動期間が非常に長くその作品も数多い稀有な存在です。

オスカー・ニーマイヤ美術館は設計当初はクリチバ博物館ということでオスカーーニーマイヤが設計しました。
2002年にクリチバ博物館として完成したものですが、2003年にオスカーーニーマイヤの功績をたたえるためにオスカー・ニーマイヤ美術館と改名されたのです。

目のミュージアム

オスカーーニーマイヤ美術館の外観は非常に印象的な目の形をした建物と長方形のたてもが組み合わさってできています。
目の形をした建造物があまりにも印象的なので「目のミュージアム」と呼ばれることもあります。

目の形の建物には、曲線を大胆に生かしたスロープなどオスカーニーマイヤー建築の特徴が大胆に表現されています。
長方形の建物のほうに美術館の入り口があり、カフェなどの施設もあります。
カフェはガラス張りの壁が非常に開放的な美しい空間で落ち着いた感じがします。
建物の外観に水辺を配して印象付ける手法もしっかり使われています。

快適な内部空間

壁は大胆に斜めにつくられており、正方形や長方形の部屋割りを思い浮かべる既成概念を打ち砕くデザインです。
柱も上に行くほどに細くなるデザインなので建物全体に軽快な印象を与えています。

階段よりはスロープが重視されているおかげで緩やかな分スロープの占めるスペースが大きくゆったりした空間を演出しています。

展示会場そのものは、あまり奇抜なデザインではなく白い清潔感がある空間で落ち着いた快適な空間になっています。
オスカー・ニーマイヤに関する展示場は曲線的な壁で仕切られていて、その中に彼の作品の模型が展示されています。
オスカ・ニーマイヤのデッサンを展示した部屋もあり、美しい曲線のデザインが数多く残されています。

長方形の建物から目の形の建物まで建物内で移動することができ、目の形の建物は革新的で宇宙的な感じのする展示場になっています。
この展示場も革新的な外観と内装ながらも快適な空間には違いありません。

オスカー・ニーマイヤ美術館は革新的で、奇抜な感じさえ与える外観と、さわやかで気持ちのいいお落ち着いた空間を演出する内装がとても印象的な建物です。

オスカー・ニーマイヤが、その奇抜さや革新的な経歴にも関わらず、ブラジルの多くの国家機関関連の作品が多いのは、彼が世界的に有名な建築家であるとともに、気持ちのいい空間を作り上げることができることが大きな要因ではないでしょうか?

About