Category Archives: その他
スペインのサグラダ・ファミリア

一度は観てみたいサグラダ・ファミリア

僕は日本の建物も凄く好きだけれど、海外の建物にもかなり興味がある。
日本建築がすばらしいのはもちろんだけれど、海外にはまた別の意味ですばらしい建物がたくさんある。
その中のひとつが、サグラダ・ファミリアなのである。

日本でもサグラダ・ファミリアは非常に有名なので、観たことがある人も多いだろう。
ウーマン・オン・ザ・プラネットでも、スペインを旅行した女性がサグラダ・ファミリアを訪れ、そのすばらしさに感動していた。
このサグラダ・ファミリアをみるために、スペインには世界から観光客が訪れるそうだ。

僕はこのサグラダ・ファミリアを画像でしか観たことがないが、それでもこの建物がすばらしいものだということは理解しているし、世界から人が訪れる理由も理解できる。
今は、スペインにあるどの建物よりもこの「サグラダ・ファミリア」が観光客から人気を集めているそうだ。
この「サグラダ・ファミリア」を作ったのは、スペインの巨匠アントニ・ガウディ。
ガウディって、日本人でも聞いたことがある名前ではないかと思う。そのガウディが手がけたこのサグラダ・ファミリアは、いまだに完成していない。

今から完成の様子が楽しみだけれど、実はこの「完成していない」というところがロマンなのかもしれないと思う。

実は、日本人が建築に関わっている

このサグラダ・ファミリア、実は日本人が建築に関わっていることで知られている。
若干25歳でスペインに渡った外尾悦郎氏は、三ヶ月のヨーロッパ旅行の中でサグラダ・ファミリアに出会った。当時、石職人として修行をしていた外尾氏は、このサグラダ・ファミリアを観てかなりの衝撃を受けたらしい。
「ここで作業をしたい」、そう考えた外尾氏は、相手にされない日々を乗り越えて試験を受け、そこでようやく合格を得ることができた。東洋人がサグラダ・ファミリアの建築に関わるという嘘のような話が、ここで展開されることになるのである。

サグラダ・ファミリアは、作業のたびに厳しい評価を乗り越えなければならない非常にハイレベルな現場。
そこで外尾氏は結果を出し続け、さらには「生誕の門」の装飾を製作するチャンスに恵まれることになる。
この結果にスペインからは批判の声があがったが、それでも出来上がった装飾を見れば誰もが「すばらしい」といったそうだ。
まさに、彼は実力でその地位を勝ち取ったのである。

ちなみに、この門は世界遺産に登録もされている。
このすばらしいサグラダ・ファミリアを、いつか観にいきたい。

Categories: その他
住宅購入にあたってのアドバイス

頭金ナシの物件について

家を買いもしない私が、住宅購入のアドバイスなんて「なんのこっちゃ」という状況なのですが、いろいろ調べた上で思ったことを書きます。

私もよく見かける物件ですが、販売されている土地と建物の中に「頭金ナシで物件を購入することができるもの」があるじゃないですか。
あれって「どうなのかな」と思うんですよね。

私は貧乏で土地や家なんて縁もない人間ですが、それでも「家や土地を購入する時は、まず頭金をためて、それを利用して購入する」と言うことくらい知っています。

まあ、それをしなくて良いから「頭金ゼロで購入できる物件」なんてものがあるのだろうと思います。
でもね・・・思ったんですけど、そんな美味い話があるのでしょうか。
もともと頭金がなければ買うことができなかったものなのに、それが無くても買えるって、そんなうまい話が本当にあるんかな・・・というのが私の思うところ。

調べてみたら、やっぱり難しいところがあることがわかりました。
参考になるページがあったので、ちょっと貼っておきます。
>>>頭金ゼロの住宅購入について

これを見ると、「最初の数年は安い金利でローンの支払いができるけど、それが切れたあとはどっとローンの額が増える」ということがあるみたいです。
よく「賃貸物件に払う家賃と同じ位のローンで住宅購入ができる」とありますが、それは最初の数年で、その後は支払額が増えるというのが多いみたいですね。

つまり、ずっとその金利で支払いを続けることはできないということ。
このことを頭に入れておかないと、失敗することも多いということでしょうか。

ローンのことだけを考えない

これも失敗の一因になることが多いみたいなんで、一応書いておきます。

ローンを実際に払っている人に聞いてみると、「ローンのことしか考えないで家を買っちゃうと、後から大変な目に遭う」と言うことがあるらしく、要注意なのだとか。

例えば、子供の教育費ってあるじゃないですか。
子供って、中学校からすごくお金がかかるようになるらしく、ローンを組む時はそのことも頭に入れた上で組まなくちゃダメみたいなんですよね。

子供のやりたいこともやらせたい、住宅も買いたい、というのは通用しないということ。
ここは、ちゃんとファイナンシャルプランナーあたりにお願いして、「この教育ローンで本当に大丈夫ですか」くらい聞いておいた方が良いのではと。

こういうところでファイナンシャルプランナーという職業が生きるんだな、とちょっと思いました。

とにかく、ローンは「考えに考えて、本当に無理のない範囲で組まなくちゃダメ」なものであることは間違いないでしょうね。

Categories: その他

Next Page