アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違いって

みなさんは不思議に思ったことないですか?
「アパートとマンションって、どう違うの?」と思ったことってないですか?
私は、小さい時から「アパートとマンションってどう違うんだろう」と疑問に思っていました。

なんとなく、「建物が大きかったらマンションで、小さめだったらアパート」と言うイメージがあるのですが、中には「ハイツ」と呼ばれる物件もありますよね。

不動産好きとして、これは「ちゃんと調べておきたい」と思ったので、書いておくことにします。

実は、アパートとマンションに「こうだ」という違いはないそうです。
作る人が「マンションってつけたい」と思えばマンションになるし、アパートだと思ってつければアパートになる・・・というのが本当のところだそうで、結局は「家主の意向に沿う」と言うことになるみたいですね。

でも、一般的なイメージとして「こういう区分がある」と言う見方はできるそうです。
違いとしては、アパートは木造でできているもので、マンションは鉄筋コンクリートでできているものだということ。

木造だと、高層ビルなんかは建てることができませんので、必然的に「アパート=小さな建物」と言うイメージが大きくなるそうで、「アパート=二階建て」なんていうイメージはここからきているみたいなんですよね。

一方、鉄筋コンクリートでできているマンションの場合、高い建物を建てることもできますし、その為に建築費用がかさみ、「家賃が高い」ということも多いそう。

だからこそ、「マンション=大きな建物で、賃料も高め」と言うイメージがあるのでしょう。
マンションだと、エレベーターがついていることも大きいかもしれません。

戸建てとマンション・アパートの違い

これは言わなくてもわかりますよね。
いわゆる「集合住宅」に当たるのがマンション・アパート。
独立した物件なのが「戸建て」。
形からしてぜんぜん違うので、これは違いがわかりやすいと思います。

どっちが住みやすいかについては諸説ありますが、子供の育てやすさでいったら「戸建て」じゃないかなと思うんですよね。

アパートとかマンションって、とにかく「うるさくないように」って気を使うじゃないですか。
子供がドシンドシン言わないようにとか。

騒音問題ってよく聞くし、そういうことを考えるなら、やっぱり戸建ての方が住みやすいのかなあなんては思いますね。

この住みやすさについても、いずれいろいろと検証してみたいなあなんて思っています。

About