奇妙な形の美術館!クンストハウス・グラーツ

オーストリアにある奇妙な美術館

クントハウス・グラーツ美術館はオーストリアの中でも第2の街と呼ばれているグラーツに存在しています。
建築方法が非常に素晴らしく不思議な形をモチーフとしており、街全体を見下ろした時にもひときわ目立つ存在となっています。

こちらの美術館が存在しているグラーツという街は、1999年に世界遺産として登録されています。
非常に美しい街並みとなっており、いたるところにチューリップが咲き乱れていることや、様々な建築方法を用いた建造物の街並みは懐かしさや温かみを感じさせてくれます。

少し高台の場所からは街並みを見下ろすことができるのですが、そういった景観の中でも一際目立つ存在になるのが前述の通りクントハウス・グラーツです。
こちらの美術館は2003年に欧州文化都市としてグラーツが指定された際に建てられました。

それまでは文化施設が少なかったため、こちらの美術館が建てられたことによって文化施設が一つ増えたわけです。
こちらの美術館を新築したのはピータークックという建築家さんと、コリンフルニエという建築家の2人になっています。
このお2人は美術館のことをフレンドリーエイリアンと呼んでいることも知られています。

それほどまでにも奇妙な形をしていて、屋根はアクリルのパネルで覆われています。
また屋根の部分には9本の触手がついており夜になるとLED ライトが点灯し、とても美しい姿を見せてくれます。

振動と音まで聞こえる奇妙さ

こちらの美術館は朝の7時から夜10時までの間、1時間ごとに定刻を迎える十分前になると振動音と共に超低温が響いてくる特徴があります。
まるで生きているかのように、この街で暮らす人々や観光客の方々さらには都市そのものともコミュニケーションをとっているといったコンセプトがあるようです。

ライトの点灯していない昼の姿とライトが点灯して夜の姿では全く違った雰囲気を持っており、外見だけでもその内部の美術品がどのようなものかと期待感が大きくなります。
遠目で見ても非常に珍しい形をしていますので、現地に足を運べば気になること間違いなし。

ガイド付きのツアーもある

クエストハウス・グラーツ美術館では、ガイド付きのツアーなども準備されています。
そのため一つ一つの展示品もゆっくりと見て回りたい方や、詳しく知りたい方はこのようなガイドツアーを活用すると良いでしょう。
リーズナブルな料金でドイツ語または英語によるガイドを受けることができます。

展示フロアは2つに分かれていますが、その2つのフロアに思わず声を出して驚いてしまうほどの展示品がたくさん置かれています。
現代に生きる珍しい生物としてもコンセプトを持つクントハウス・グラーツ美術館は太陽光発電パネルを採用しており、エコにも取り組んでいます。

オーストリアといえば芸術の国とも言われていますので、このように美しい建造物や珍しい展示作品が見られるこちらの美術館は、多くの観光客からも人気を集めています。

生まれ変わったアレクサンドリア図書館

2001年に新しくなった図書館

新アレクサンドリア図書館は、古代エジプトに存在する非常に印象的な図書館となります。
こちらには創設された当初40万もの様々な著書がありましたが、最終的には800万を収めることを目的としています。

2001年に新しく建てられたアレクサンドリア図書館は西暦前3世紀頃に創設されていました。
当時は70万もの著書を所有していたと言われており、アレキサンドリア図書館の分野に関しては、数学や天文学、歴史学、地理学、医学など非常に多岐にわたっていました。

またアレクサンドリア図書館で働いていた方々にも著名な人達の名前が並んでいます。
しかしながら、西暦前47年にアレクサンドリア都市の一部分が焼失してしまい、この火事によって図書館もなくなってしまったのです。
それからしばらくの間は再建されることもありませんでしたが、当時の学術や博識などを取り戻すべく前述の通り2001年新しく建てられたのが新アレクサンドリア図書館となります。

内部だけでなく外観にも特徴がある

こちらのアレクサンドリア図書館の内部には非常に多くの著書のが並んでおり、作りそのものも特徴的です。
アルミニュームやガラスが用いられた天井や、たくさんの日差しを取り込むような大きな窓は非常に開放的な図書館となっています。

まだ図書館の中の壁面には現代と古代のアルファベットが刻まれており、古代文明の頃から存在していたということをしっかり認識させてくれます。
現在ではコンピュータシステムが導入されていますので他の図書館にアクセスし、必要な著書を探すことも可能になっています。
外観については、まさに彫刻と言えるほど美しいものになっており、非常に特徴的で一目見るだけで二度と忘れないような美しさを持っています。

アレクサンドリア図書館というネーミングについてはアレキサンダー大王の名前から、このようなネーミングが考えられたとされています。
こちらの図書館が存在したことによって西暦3世紀の頃からアレクサンドリアでは様々な学問や発明などが活発になり、多くの文明を見出すことに繋がりました。

館内はとても静かで落ち着く空間

親アレクサンドリア図書館の館内は当然ですがとても静かで、非常に落ち着けるような空間となっています。
前述の通り沢山の自然光を取り入れていますので閉塞感などもなく開放的な環境の中で自分の知りたい音を調べられるメリットもあります。

本当に貴重な文献などを抱えている図書館となっていますので、他の図書館では使っていないものを探すにも安心です。
アレクサンドリアは町並みも非常に尽くしく様々な建造物がありますが、その中でも特に目を引くアレクサンドリア図書館。
現地に足を運ぶことがあれば、ぜひとも立ち寄ってみたいスポットになっています。

Next Page