槇文彦

国内外の建築業界から高い評価を受け続けている槇文彦の作品とは

モダニズム建築、またメタリックで無機質な中にも何か温かさを感じるような建築物、実に個性豊かなものを作り出しているのが槇文彦氏です。
彼の作品はシンプルでモダンな建築物なのですが、ただ無機質ということではなく、その中に一つのコンセプトを強く感じる作品が多いです。

彼が手がけた東京都港区の「スパイラル」という複合文化施設は、吹抜け部分に螺旋スロープがある事でスパイラルという名称がつけられています。

アルミのホイル部分が上部に飛び出したような非常に個性的な形態を持っている津田ホールは、タイル張りによって曲線が作り出されている部分もあり、その対極が実に美しく目を引く建物です。

IAITAクォーターナリオ賞を受賞した幕張メッセ、これも彼の作品です。
北ホールは第40回BCS賞、第5階千葉県建築文化賞を受賞した彼の代表的な作品といっていい作品です。

待合に流れるような平面構成を持っている大分県の火葬場、風の丘斎場は槇文彦氏がモダニズムの作品を作ることにかけて素晴らしい能力を持っていることを証明するような作品です。

メッセージ性のある建物、一目見て目を惹きつけられてしまうような光の使い方など、彼の作品は素人でもはっとしてしまう美しさを持っています。

槇文彦氏の経歴、どういう人物なのか

東京出身の槇文彦氏は、母方の祖父に大手建築会社の会長を務めたという著名人を持ち誕生しました。
1941年に慶応義塾幼稚舎、さらに慶応義塾普通部から慶応義塾大学予科に進みここで中退、建築学を学べる東京大学工学部建築学科に入り卒業します。

丹下健三氏の元、外務省庁舎のコンペを担当、その後アメリカにわたりグランルック美術大学、ハーバード大学大学院建築修士課程を卒業、その後勤務先はスモッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル、セルト・ジャクソン建築設計事務所に勤務します。

セントルイス・ワシントン大学、ハーバード大学で都市デザインを講じ、東京大学教授も務めています。

ヒルサイドテラス、前澤ガーデンハウス、スパイラル、さらに幕張メッセに東京体育館、こうした数々の著名な建物を建築し、その名を世界にとどろかせている方です。

数々の賞を受賞している槇文彦氏

建築家として著名な賞を受賞しその建築物は世界から高い評価を得ています。
1988根にはイスラエルウルフ基金賞を受賞し、1990根にはトーマス・ジェファーソン建築賞を受賞、1993年には国際建築家連合ゴールドメダル、ハーバード大学よりプリンス・オブ・ウェールズ都市デザイン賞も受賞されています。

中でも1993年に受賞したプリツカー賞は建築家にとって最高の名誉となる賞で、彼の作り出す建築物が世界各国から認められ、その建築家としての高い能力を証明するものとなっています。

Categories: 尊敬する建築家
伊東豊雄

建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞した建築家「伊東豊雄」

費用が莫大すぎるということで仕切り直しになった新国立競技場、このコンペにおいて残念ながら僅差で敗れてしまった伊東豊雄氏ですが、彼の建築は世界からも賞賛される建築物ばかりです。

スペインバルセロナに建築したスイーツアベニューアパートホテルファサードリノベーションな美しい曲線を利用し太陽光がその隙間から内部に光をもたらし、建築物そのものが芸術作品の様です。

横浜、みなとみらい線、元町の中華街駅は未来を感じさせるような空間となっていて、日本とは思えないような駅に仕上がっています。ここでも曲線が効果的に利用されている印象があり、天井が高く広々した印象です。

同じく横浜市のシンボルタワー的な存在となっている近未来的な印象の美しすぎるビルは、夜になるとその美しい外観がぼんやりと浮かび幻想的な雰囲気を出しています。
横浜駅西口誕生30周年記念事業として作られた、西口広場の地下街、吸気塔の構造と機能を持ち、機能性を兼ね備えた最高の芸術作品となっています。

茨城県笠間市に建築された陶芸家里中氏のアトリエ兼住宅は1981年に建築されたものですが、光の取り入れ方、空間の作り方共に芸術家が暮らす家に相応しい美しさを持っていて、ここでも曲線をにくい位に小粋に利用しています。
この作品は日本建築家協会新人賞を受賞した作品となっています。

長野という自然の中ではぐくまれた伊東豊雄の芸術

生まれは日本統治時代の朝鮮ですが、2歳くらいから中学生という多感な年齢の時期、祖父、父の郷里である長野県諏訪郡下諏訪町で過ごします。
彼の作品には自然との協和や光を駆使したものが多いと感じますが、緑多き長野の街で幼少から中学までをすごしたという経歴にあるのかもしれません。

東京都立日比谷高等学校、東京大学工学部建築学科を卒業しまさに建築系ではエリートの道を歩いてきた彼は、菊竹清順設計事務所に勤務し1971年に独立します。

個人住宅では有名な自邸、シルバーハットなどが脚光を浴び、物だけではなく生活空間まで消費する若き現代女性を都市の遊牧民というテーマにして、東京遊牧少女の包(パオ)というプロジェクトを行うなど、都市を批評するという活動も行っています。

横浜駅に作られた風の塔は無数に穴をあけた金属板のパンチメタルと呼ばれるものと、多数の照明によって構成され、夜になると周囲の気象情報に合わせ美しくカラフルなカラーが浮かぶようにプログラムされています。

金属板という無機質な物体と自然の環境を利用した融合作品として、この横浜のシンボルタワー兼地下街換気塔は世界からも注目される作品となっています。

建築物であっても周囲の景色を邪魔せず、しかし圧倒的な存在感を持っている伊東豊雄氏の作品は、これからも多くの人に感動を与えるものとなるでしょうし、まだまだ新しい技法を編み出して私達にみせてくれるのではないかと思います。

Categories: 尊敬する建築家

Next Page