一人の男が作り上げた!シュヴァルの理想宮

33年の年月をかけ1人が作り上げた建造物

シュヴァルの理想宮と言う建造物の名前を聞いたことがある方もいるでしょう。
このシュヴァル理想宮というのは33年もの歳月をかけながら、たった1人の男の人が作り上げた城壁ともいえる建造物になっています。
これを作り上げたのはフランスで郵便配達をしていたフェルディナンシュヴァルという男性です。

複雑な家庭環境に生まれて、変わり者と小さな頃から評判だったそうです。
しかし小さな頃から空想が大好きだったシュヴァルは、大人になるにしたがって実際に自分の中での空想を実現することになるのです。
初期の頃は道端に落ちている石を拾っては空想と重ね合わせながら、何かに見立てていたそうですが43歳になった時、理想宮の建設を始めることになります。

あくまでもシュヴァルという男性は郵便配達員であったので、建築に関する知識や施工に関する知識等は一切持ち合わせていませんでした。

ただ好きなことを実現するために始めた

シュヴァルという男性が43歳になってからこの建築物に手を出したのは、利益があったからでもなく誰かのためでもありません。
あくまでも自分自身が好きなことをしたいといった夢の実現が根底にあったのです。

少しずつ、本当に少しずつ様々な増設を繰り返しながら建造物が大きくなるに従い、周りの人間も驚きを隠せなくなったようです。
短期的に終わってしまう情熱ではなく、とどまることを知らない情熱は上記の通り33年もの月日を経てシュヴァルの理想宮として完成することになります。

完成する頃のシュヴァルは76歳でした。
それまでシュヴァルが自分の夢として空想していた建造物を、そのまま具現化したのです。
写真を見るだけでも驚いてしまいますが、実際に足を運んで目にすると繊細な彫刻などに目を奪われ、さらには息をのんでしまうほど美しい造りとなっています。

お城のデザインについては聖書などの影響を受けているそうで、その他にも様々な神話の影響を受けて作られているようです。
自分の意思が、建造物に使われた年月と同じくらい強かったことや自分との戦いを人生との戦いと言い換えていることなど、様々な彼自身の言葉を天井に刻んでいます。
現在では重要文化財として指定されており、フランス全体に大きな影響を与えたことも知られています。

多くの専門家たちが注目した

シュヴァルの理想宮は長い歳月をかけて作られていますが、途中途中で興味を持つ人々が増えています。
また完成する頃には現地をはじめとして、世界中の専門家や建築家たちがあまりにも素晴らしい建造物に感動したことや称賛の言葉を送っていることもシュヴァルの歴史として残っています。

単純に美しいだけではなく、彼の空想の世界の具現化されたこちらのシュバルの理想宮は彼がどんな人物であったのか、どんな世界か思っていたのかについてをゆっくりと知れるような場所になっています。
また、たった1人の男が作り上げたということもあり、そこに対する情熱や熱意そのものも、今なおその場にとどまり、語り継がれるような存在です。

地上に咲いた花の建物!ロータス・テンプル

ため息が出るほど美しいハスの花?

インドには非常に多くの建造物などが残っており、さらには世界遺産に登録された人なども数多く存在しています。
このようなインドに足を運んだ際には観光スポットがたくさんあるので、どこに行こうかと迷ってしまうほどではないでしょうか。
その中の一つにロータステンプルがあります。

こちらのロータステンプルは、その名前の通りハスの形をした寺院となっています。
見た目にはまるで美術館などのように見えるのですが、実際には寺院となっていますので深く宗教を信仰している現地の方々からは愛されるスポットとなっています。

インドではこのような寺院が観光スポットの一つになっているのですが、その中でもロータステンプルは見た目が美しすぎることから現物を目にすると、ため息が出てしまうほどだといわれています。
こちらのロータステンプルは白の大理石で作られており、高級感も十分漂っています。

バハイ教と呼ばれている宗教の礼拝堂になり、こちらの宗教は19世紀のイランから始まった宗教となります。
人類の調和や世界の平和などを目指す教えとなる宗教ですので、ご存知の方もいるでしょう。
ロータステンプルの本堂は静かに祈りを捧げる場所となっていますので、写真撮影などは禁止されています。
観光スポットとして足を運んだ際には、このような注意事項をしっかりと守りましょう。

内部には外からの光が入り美しい姿を見せる

ロータステンプルの内部に入ると外からの光がしっかりと差し込んでおり、あちこちから差し込む光が静粛ながらも美しい上に心を穏やかにしてくれます。
静かな時を過ごしながら、自分の内面を見つめ直すことや、ただ静粛な空気にのまれてみるのも良いでしょう。

ロータステンプルの本堂はきれいな池で囲まれており、白い大理石とのコンビネーションが素晴らしいです。
また現地のインド人は人の参拝が大好きですので頻繁に足を運ぶことがあります。
そのため、いつ出向いても現地の人たちであふれ、本当に温かい雰囲気を放っている寺院となります。

団体でのツアーなども行われていますので混雑していることもありますが、夜になるとライトアップされて、昼間よりもさらに美しい姿を見せてくれます。

特に宗教を気にする必要はない

ロータステンプルは前述の通り宗教の参拝人となっていますが、これといって宗教を気にする必要はありません。
特に日本人の場合には無宗教であることや、さまざまな宗教人がいることも知られていますので実際に日本人が足を運んだ際でも寛容に対応してくれます。

こういった部分を気にするのではなく、単純に観光スポット巡りとして足を運んでみてはいかがでしょうか?
現地でのツアーに参加する際にも、こちらの人を巡るプランがありますので個人的に行く勇気のない方はツアーに参加してみるのが良いです。

Next Page