坂茂

災害支援活動でも著名、プリツカー賞を受賞している日本の建築家「坂茂」

坂茂(ばんしげる)氏は、アメリカで建築を学び個性豊か、非常にのびやかな建築物を手掛けてきた日本の建築家です。

アメリカにわたりマイノリティ、弱者の住宅について大きな問題を持っているところに関心を寄せます。
ルワンダの難民キャンプのためのシェルターお国連難民高等弁務官事務所に提案して、開発、試作する等彼は常に思ったことをしっかり行動に移してきました。

災害支援活動を積極的に行う彼の姿勢はこうしたところからきていると思われます。
1995年、阪神・淡路大震災の際、紙で仮設住宅となるログハウスを建築し、教会の集会所も特殊加工した紙管と呼ばれるもので政策を行っています。

トルコでもインドでも、地震で崩壊した待ちに仮設住宅を造り、スリランカキリンダ村を大津波が襲った際にも復興住宅を建設、また中国四川省が大地震に見舞われた時にも小学校の仮設校舎を作っています。

未曾有の被害となった被害日本大震災の時には、体育館などの避難所でたくさんの人がプライバシーも全くなく暮らしていることに胸を痛め、紙パイプと布を利用しプライバシーを守る間仕切りを行い、さらには各地区の役所職員たちを説得してまわり、仮設住宅の建設やその質を向上させるということにも貢献されています。

実施兄女川町で坂茂氏が手掛けた海上輸送用のコンテナに家具を作り付けた2階、また3階建ての仮設住宅は非常に快適だったことから、そのままここに暮らしたいという方が大勢いたという話も残っています。

何事にも心を寄せ何よりも行動するということが魅力の坂茂という人物

会社員の父、服飾デザイナーの母の下、東京都で生まれ成蹊小学校からラグビーに親しみ、なんと高校時代には花園に出場したというラガーマンです。

成蹊中学時代に建築家になろうと決心し、高校ではジョン・ヘンダックに憧れを持ち彼が教えるニューヨーククーパー・ユニオンに行きたいと強く願うようになります。
1977年、彼は志をもってと米、英語学校に通いお1978年から2年半にわたり南カリフォルニア建築大学で建築を学んだあと、憧れのクーパー・ユニオンに編入を果たします。

磯崎新アトリエで学びさらにクーパー・ユニオンに戻り1984年建築学部を卒業し、建築写真家の二川幸夫氏のアシスタントをしたという経歴も持っています。

強い精神力と行動力は生まれもってのものなのか、小学校からラグビーに親しみ全国大会に出場を果たしたという経歴からくるものなのか、彼はとにかくしっかりと志を持ち努力し、弱きものの味方になれる精神力と行動力を磨いてきたように思います。

災害復興にいつでもサポートする用意がある彼は、何事にもグローバルな考え方を持ち、災害に関して建築資材などを供給する仕組みを作り、どの国で災害が起こっても即供給できるようにする仕組みを作る取り組みも進めているといいます。

ただ寄付をするということではなく、それに頼るのではなく、供給するシステム作りを提唱しこれについても今強く行動を行っています。
人間的にも彼の行動や思想を知ると、非常に魅力的な人物だと誰もが感じるのではないでしょうか。

Categories: 尊敬する建築家
内藤廣

異なる職種によるデザイン・コラボレーションを提唱する建築家

土木や建築、造園に都市計画、さらにインダストリアルデザイン(工業デザイン、工業意匠)等異なる職域をデザイン・コラボレーションすることを提唱している日本の建築家、内藤廣氏は数々の賞を受賞し、様々な美しい建築物を作り出してきました。

海の博物館は彼の代表作といえる周辺地域の漁村風景を活かした意匠となっており、現代建築であるのに古くからそこにたたずんでいたと思わせるような建築物が非常に印象的です。

周囲の環境やその建築物によってその人を想像させる建築物作りが非常にうまい建築家で、安曇野ちひろ美術館などは長野県北安曇野郡松川村という美しい自然の中に溶け込む美術館、またこの美術館が絵本作家という素敵な物語を作る方の美術館であるということが如実にわかる作品となっています。

周囲の風景を邪魔しない、それがまた建築物の味になるような作りはその他の作品にも強くいかされており、茨城県天心記念五浦美術館などは、海の景勝地であるこの地域の海岸線と見事に屋がつながる造りとなり、内藤廣という建築家の能力、技能は一体どこから生まれるのか?と考えてしまうほど素晴らしい建築物です。

十日町情報館は外から見るとそれほど大きな建物に見えませんが、中に入ると「あれ?こんなに広さがあった?」と思うくらいに空間を見事に作り出しています。
沢山の情報物があるのに狭さを感じず、逆に圧倒的な迫力となっているという不思議な建築物です。

内藤廣氏の略歴、受賞等は?

内藤廣氏は神奈川県横浜市に生まれ神奈川県立湘南高等学校から早稲田大学理工学部建築学科卒業、さらに早稲田大学大学院理工学研究科建設工学を専攻しここで吉阪隆正氏に師事されました。

1976年にはスペインのフェルナンド・イゲーラス建築設計事務所に勤務しその腕を磨き、菊竹清順建築設計事務所に勤務、1981年内藤廣設計事務所を設立されました。

東京大学工学部土木工学部助教授、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授、東京大学副学長などを務め2011年に東京大学を退官、東京大学名誉教授となっています。

2005年にはGSデザイン会議を篠原修氏らと発足しこの代表となっています。2003年いは織部賞を受賞し、現在は各コンペティションの審査員、審査委員長などを歴任するなど、多数の建築家を輩出するという役割も担っている方です。

沢山の作品を手掛けてきた内藤廣氏は、常にその作品が地域環境、周囲環境になじんだもの、その建築物の意味を感じさせる作品等を創り上げてきました。
想像性にあふれる彼の作品は、これから建築業界を担っていく多くの若者の指針となる建造物だと感じますし、これからさらに美しい建築物を創り上げてくれると感じさせます。

Categories: 尊敬する建築家

Next Page